2015年09月03日

足裏 満悦なひととき リフレクション

こんにちは、
どのような方でも EleganceBodyに
仕上げることができる ゴッドハンド今村です。


心臓から遠い位置にある「足」が
いかに 大事な存在か。


足裏が「第二の心臓」と よく言われているのも
最近、「ふくらはぎマッサージ」
というのが 注目されているのも

理にかなっているからですよね。


ちなみに、足指・かかとは 柔らかいですか?

足指は、地面をつかんで しっかりと歩けるよう、
踵(かかと)は、地面を踏む衝撃を 和らげてくれるよう、

どちらも 「ほどよい弾力」 が 必要です。

私は、お客さまにも 生徒さんにも よく伝えますが、
先端にあたる箇所・部位を 重要視しています。

頭・手(指)と同様、足先は とても 大事です。


リフレクション

基本は 足底療法である「リフレクソロジー」ですが、

このメニューは、膝上から 踵(かかと)・足裏・足先までを
念入りに ほぐしていくだけではなく、
全身へのアプローチとしても 大活躍しています。

満悦なひととき

膝上から下の部位しか 触っていなくても、
心まで満ち足りていただける技法を 使っています。


スポンサーリンク







足に「程よい弾力」がないと
足の様々なトラブルや 転びやすいだけでなく、

姿勢、カラダのゆがみ、肩こりから 目の疲れまで
全身に影響することが 医療の現場でも わかっています。

これは、私自身も 多くの方のカラダに触れて
実感し、ずっと着目しているうちの ひとつです。


きれいな血液は、心臓から
栄養素・ホルモン・酸素・免疫物質などを
全身の組織や細胞へ 「動脈」で 運びます。

また、出血を止める・血液の量を保つ・
病原体の除去・体温の調整なども 担ってくれています。


細胞が活動を終えて 生じた後の血液には
二酸化炭素を含む 様々な「老廃物」(代謝産物)が 混じり、

リンパ管を経て「静脈」で 運ばれながら
心臓へ 戻っていきます。

※毛細血管の壁は 老廃物を通過することができないため、
 リンパ管の壁を使って 静脈へ運ぶ
※肝臓で区別された 二酸化炭素以外の老廃物は、
 腎臓で濾過され、尿として排出される


行きは 動脈(宅配)、
帰りは 静脈(ゴミ回収)。


このように、血液は
「運搬」「生体の防御」「体内環境の維持」という
大切な役割を持っていますので、

いかに いつも
巡りが よくないといけないかが わかりますね。



しかし、ヒトの進化の末、
二足歩行で 生活している 我々人間は、

心臓よりも高い位置にある 頭部からは
血液の重みで 戻りやすくなっていますが、

足は、心臓から いちばん遠い場所に あり、
しかも 心臓より 下の位置に あります。


そこで 筋肉のポンプが必要と なってくるのですが、
後半は お腹辺りで 呼吸が加わって
やっと 心臓に戻ることができるのは あまり知られていません。

ということは、

動脈と 静脈の 物質交感が行われやすい
カラダの先端部が詰まって 硬くなっているだけではなく、
呼吸の浅いカラダでは 戻りにくくなる。


まさに、カラダの連携プレー が 必須。

呼吸が浅いか、深いかは、
足裏の指の下を見れば ひと目で わかります。

私は いつも この部位を いちばんに見て
施術の方法を コーディネートします。


それと もうひとつ、

老廃物を溜めないカラダでいるためには、
「自律神経を整える」のも 大切です。

足裏には 全身へ反映させるルートが あります。

リフレクション=反映、反射

“満悦なひととき”を 味わっていただくには、
脳や頭部周辺と 深い関わりを持つ 「足指」
しっかりと 血流よくしておかなくては なりません。


カラダの内部を 整える早道は、
足裏からのアプローチです。



近いうちに
エレガンスボディになれるサロン エサンス
もしくは エレガンスボディケアのスペシャリストになれる
スクール エスカリエで お会いしましょうね☆

IMG_9514.JPG

エサンス / エスカリエ 
営業時間 >> 10:00〜22:00
定休日 >> 日曜日(※日曜日は、ご相談ください)
大阪府門真市
京阪萱島駅徒歩5分

>> サロンメニュー
>> ご予約

スポンサーリンク




posted by 予防セラピスト 今村京子 at 16:23| Comment(0) | エサンス メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。